読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

「年収150万円で僕らは自由に生きていく(イケダハヤト著)」を読んだ。

こんにちは。孤独なみかんです。

今回は「年収150万円で僕らは自由に生きていく(イケダハヤト著)」を

読みましたので、感想を書いていきます。

お金のために働くのは時代遅れ

重要なことは、初めと最後に書いてある。と国語の授業で習いました。

ということで、最初の方から引用です。

本書の主張を端的に述べれば、もはや「お金のために働く」のは時代遅れになっていく、という話です。

これは、大賛成です。

特に4月に入ってから、結構忙しく「働いて」いるので、

意識低いニート大学生にとっては、辛いです。

こんな生活が社会人になってから40年も続くと、考えるとゾッとしますね。

貧乏をクリエイティブに楽しもう

やってみたい…、楽しそう。以前読んだこの本にも書いてありましたねー。

lonelymikan.hatenablog.com

羨ましい。でも、…

正直、著者のような「労働時間と年収を自分で調節できる」生活は羨ましいです。

でも、会社に属して働いたらまず無理なんじゃないかと思います。

週休3日以上の会社とか、まず見ないですよね。

年収半分でも、今の仕事を続けるか。

これ、就活の時に参考にしたい視点ですね。

あとは…

あとは、低コストで生きるためのスキルや、「柵(会社?)の外とつながれ!」など

書いてありました。特に

直接的な社会参加を「遊び」として捉えよう。そして、人助けを通して「プライベート・セーフティネット」を獲得しよう。

 は、印象に残りました。NPOでの活動の紹介をしていました。

NPOの活動は、ググっても、寄付の方は分かりやすいサイトがあるのですが、

「活動参加」の方は、どのような団体があるの分からないですね。

とりあえず

自分は、できることからやっていきます。記事の数を増やしていきます。

 

【ぼっち休日】イトーヨーカドーのポッポでポテトを食べて、ノスタルジーに浸る。

こんにちは。孤独なみかん(@lonelymikan_)です。

休日の昼に、イトーヨーカドーのフードコート「ポッポ」に行って

ポテトを食べてきました。もちろん一人で。一人で。一人で。

続きを読む

【大学ぼっち】新入生がぼっちにならないために、4月にすべきこと!

こんにちは。孤独なみかんです。

大学新入生のみなさん、友達できました?できていませんか?

今回は、友達ができた人、できなかった人、

各々に対してこの4月にした方が良いのではないかと思うことを

「ぼっち」が書いていきます!

続きを読む

「20代で隠居 週休5日の快適生活(大原扁理著)」を読んだ。

こんにちは、孤独なみかんです。

今回は、「20代で隠居 週休5日の快適生活(大原扁理著)」を読みました!

印象に残った点を書いていきます。

「週5日働くのが当たり前」の洗脳が解けた。

解けました。筆者は週2日だけバイトをされて、生活をしているそうです。

「週5日働く」というのが、自分の中で当たり前に存在していました。

しかし、この本を読むと、筆者が送る生活のほうが実に健全というか、

人間的というか、充実した生活を送っていると感じました。

生活を楽しむ。

おもしろいもので、人間、お金がないと知恵が出てきます。

週2日しか働いていないので、お金がない分、色々なことを「自分でやる」そうです。

これが、実に楽しそうなんですよ!

本の中では、料理、洗濯など具体的な生活術もたくさん出てくるのですが

生活を楽しんでいる感じが、文章から滲み出ているんですよね。

ハタチ過ぎたら人生引き算

やりたくないことはやらないし、付き合いたくない人とは付き合わない。

これ、非常に共感しました。自分もここ数年は「やりたくないことはやらない」を頭の隅に置いて生活をしています。

あと、「できないことはできないで、良いじゃない」っていうのも。

嫌なことを肯定しない。

嫌いな人を好きになる努力をしてる暇があったら、それはとりあえず置いといて、すぐそばにいる好きな人を、もっと好きになりたいけどなぁ。

 「嫌いな人の良いところを見よ」というのは、よく言われますが、

この考え方は好きです。

家賃を1時間あたりで考える。

私のアパートには、1時間あたり約39円もの家賃が発生していることがわかりました。

自分も今後、家を借りることが複数回あると思うので、参考になります。住居費を下げると、生活のコストもだいぶ下がりそうです。

過度な期待をかけない。

隠居は何か大きなことに失敗するということはありません。

なぜなら初めから人生に過度な期待をかけていないからです。

これ読んだ瞬間、「あ、俺、隠居に向いてる」と思いました。

年々、将来への希望みたいなのが無くなっているのを感じています。

「どうせ、この人生ロクなこと起きないな」と。

だからこそ、週2日だけ働いて…みたいな生活が、本を読んで垣間見られて

少し希望が持てました。 

「多様な働き方」、広がんねーのかな。

よく派遣を推進する立場の人が「多様な働き方」という言葉を口にします。

でも、実際は正規雇用から非正規雇用に雇用形態を変えることで、

時間的な拘束は正社員と同様そのままに、

賃金だけが低いのでは無いのかなと思っています。

賃金と時間的自由は「引き換え」であるべきだと考えます。

 

空気を無視して行動しても、反感を買わないスキル

こんにちは。孤独なみかんです。

今回は、大学に入って感じた

"空気を無視して行動しても、反感を買わないスキル"

について書きます。

「空気を読む」の意味には行動もセットになっている?

例えば、AがBの意に反する行動をとった時に、BがAに対して言う言葉として

「空気を読めよ!」というのがありますよね。

でも、これって変じゃないですか?

そのAは、空気を読んだ上でその行動をとったかもしれませんよね。

 

デジタル大辞泉で調べました。

その場の雰囲気から状況を推察する。特に、その場で自分が何をすべきか、すべきでないかや、相手のして欲しいこと、して欲しくないことを憶測して判断する。

 辞典上では、状況を「推察する」、自分が何をすべきか「判断する」に

とどまっています。

 

 つまり、本来「空気を読む」の意味には、判断したうえで「行動する」ことは含まれていないのに、上の例では、「行動する」ことまで含まれていますよね。

 

僕は、「空気を読む」ことと「空気を読んでその空気に沿って行動する」ことは

別に考えたほうが良いと思います。

そして、

空気を無視して行動しても、反感を買わないスキル

は、(自分みたいな性格のぼっちには、特に)すごく使えると思ってます。

続きを読む

4インチを復活させたiPhone SEを評価したい。と、iPhoneの思い出。

こんにちは。孤独なみかん(@lonelymikan_)です。

3月21日(現地時間)、アップルから新型のiPhoneiPhone SEが発表されました。

www.apple.com

アップルの新製品発表会は盛り上がりますよねー。

続きを読む

「大卒だって無職になる "はたらく"につまずく若者たち(工藤啓著)」を読んだ

こんにちは。孤独なみかん(@lonelymikan_)です。

今回は、本です。前から気になっていた

「大卒だって無職になる "はたらく"につまずく若者たち(工藤啓著)」を読みました。

この本の感想を書いていきます。

本の紹介

 この本は、若者の就労支援を行っている筆者が

何人かの「つまずいている」(ニート・引きこもりになっている、就職が決まらないなど)人の実例を、紹介している本です。

筆者が、学生時代の友達A(←「"働けない"は甘え」と思っている)に

「"働けない"若者」「若者支援」

を理解させようと会話しながら、本が進んでいくので読みやすかったです。

なぜ、ニートや引きこもりが生まれるのか?

若者の就労支援を行っている筆者は、頻繁に聞かれるそうです。

この答えが印象に残りました。

僕もたくさんの若者と実際に関わってきたし、多くの調査研究のレポートを読んだけれど、「これが理由である」というものはわからない。

(160ページ)

結局「わからない」そうです。筆者は、完璧につまずくのを防ぐのは無理で、次のことが大事だとしています。

つまずいてしまったとき、少しでも早く立ち直れる準備をしておくことが大切になってくる。

(164ページ)

そして、立ち直るときには

人とのつながりが大きな役割を果たす (164ページ)

としていました。

みんな、つまずいている。けど…

多分、多くの人はそれぞれ、何かしら「つまずく」ことはあったのだろうと思います。

ただ、ニートや引きこもり」になってしまう人は

友達が少な(いな)かったり、家族との関係が良くないなどで、

相談することができないのだろうと感じました。

そして、友達のいない自分もリスクが高いです。

支援の前の段階で。

 筆者がやっているような若者支援の活動は、もちろん大切だと思う一方、

ちょっと嫌なこと(つまずく理由になりうること)があった時に、

ネット上に気軽に相談できる場があれば良いと感じました。

友達がいない人はもちろん、友達がいても、知られたくない場合に良いのではと思います。

TwitterなどのSNSYahoo知恵袋などでもコミュニケーションは可能ですが、

知恵袋では、内容によっては荒れてしまったり、

Twitterも、昔ほど「温かい」雰囲気が薄れてきたと思っています。

ある程度、閉じた場で相談できる場所があれば良いなと思いました。

 

 

MENU