読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

やっぱり、海外旅行に「行く」大学生はイケてると思う。

思ったこと

こんにちは。孤独なみかん(@lonelymikan_)です。

春休み、暇をして過ごしています。Twitterの大学垢(ほとんどROM専)を開くと、各々旅行に行ったり、何かをしたり…みたいな感じで楽しそうに過ごしているわけです。

そんなのを見ていると、夏休み・春休みなど長期休暇の過ごし方って、人間性がすごく出るなーと思います。

特に、海外旅行(留学)に「行く」学生はイケてるなーと感じたので、思ったことを書いていきます。

海外旅行に行く学生

一人で行く場合

自分みたいなクズからすると、勇気、意思を感じますね。自分には、日本語が通じない場所に行くことのハードルは高く感じます。それを感じない、感じていても気にしないで行ける人間はすごいなと思います。

複数人で行く場合

一人で行くよりは、ハードルは低く感じられますが、一緒に旅行に行ってもらえる友達、恋人がいる時点でイケてますね。ぼっちの自分からすると。また、友だちがいたとしても、友だちにも「海外に行こうぜ!」的なノリがあり、金銭的にも余裕があることにリア充を感じます。

海外旅行に行かない自分

行きたいと思わない

これに尽きるんですよね。

「学生の時には、海外に行っていろいろなことを経験しよう」

「海外での留学経験があると良いよ」

など、アドバイスとしてはよく聞きます。本当に。

でも、行きたいと思わないんですよねー。

金銭的には余裕があるし行けるのですが、行きたいと思わない。

上の方々と比較すると、「自分は学生が向いてないなー」と感じます。

一緒に行ってくれるような友人がいないからかなー、とも思うのですが、そもそも上に書いたような方々たちとは、あまり仲良くならないんですよね。

この差って何なのでしょう。性格なのかな?不思議です。

 今は、本を読むなり、ブログを続けたり…

 今はブログを続けることを目標に書いていきます。

悲観的に考えても仕方が無いので、諦めて、できることをやっていきます。

 

 

 

 

MENU