読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

「年収150万円で僕らは自由に生きていく(イケダハヤト著)」を読んだ。

こんにちは。孤独なみかんです。

今回は「年収150万円で僕らは自由に生きていく(イケダハヤト著)」を

読みましたので、感想を書いていきます。

お金のために働くのは時代遅れ

重要なことは、初めと最後に書いてある。と国語の授業で習いました。

ということで、最初の方から引用です。

本書の主張を端的に述べれば、もはや「お金のために働く」のは時代遅れになっていく、という話です。

これは、大賛成です。

特に4月に入ってから、結構忙しく「働いて」いるので、

意識低いニート大学生にとっては、辛いです。

こんな生活が社会人になってから40年も続くと、考えるとゾッとしますね。

貧乏をクリエイティブに楽しもう

やってみたい…、楽しそう。以前読んだこの本にも書いてありましたねー。

lonelymikan.hatenablog.com

羨ましい。でも、…

正直、著者のような「労働時間と年収を自分で調節できる」生活は羨ましいです。

でも、会社に属して働いたらまず無理なんじゃないかと思います。

週休3日以上の会社とか、まず見ないですよね。

年収半分でも、今の仕事を続けるか。

これ、就活の時に参考にしたい視点ですね。

あとは…

あとは、低コストで生きるためのスキルや、「柵(会社?)の外とつながれ!」など

書いてありました。特に

直接的な社会参加を「遊び」として捉えよう。そして、人助けを通して「プライベート・セーフティネット」を獲得しよう。

 は、印象に残りました。NPOでの活動の紹介をしていました。

NPOの活動は、ググっても、寄付の方は分かりやすいサイトがあるのですが、

「活動参加」の方は、どのような団体があるの分からないですね。

とりあえず

自分は、できることからやっていきます。記事の数を増やしていきます。

 

MENU